記事一覧
この状況を、あの神父は愉しんでいるのではないか~人生を愉しむ
精神が壊れてしまったから、その分だけ生命が長持ちしたんです
余の理想はただの妄想でしかなかった~行動につながるなら妄想でもいい
祈りを子に託すとき母親には恐れるものなど何もない~大切な人のために
彼の目的意識を遂行するシステムは、別のドライブで滞りなく稼働する
望む答えを得るその瞬間まで、この身は道化に甘んじるとも
ただそこに覚悟が伴わなかっただけ~今の自分を棄て新しい自分になる
そこに安息だけは約束されている~新しい挑戦をあきらめるパターン
迷路を彷徨うモルモットを上から俯瞰する観察者の眼差し~抽象度の話
その生涯において、幾千度、幾万度重ねてきたかもしれぬ問い